IGNITE calls for applications - IGNITEが申し込みを募集

After a year and a half of research and planning, NEM Ventures is calling for applications to its 100% virtual incubator “Ignite” from January 25th extending till February 22, 2021 followed by the first cohort program set to begin on March 22nd till July 14 2021. Ignite will provide tailored business mentoring and financial support for early-stage blockchain projects building on either NIS1 or Symbol and an award of up to USD $10K for participating.

The Ventures team carefully designed the 3 month long program to contain all of the need to know about business strategy and fundraising into one on ones and workshops which will cover a wide variety of hard (financial projections and fundraising 101) and soft topics (pitching, design, business development, and marketing) whilst providing ad hoc tech and mentoring support throughout.

The Ventures team is committed to giving tailored support to each startup by limiting participants to only 2 per cohort and by evaluating with the startup what support it needs against the proposed program by adjusting the curriculum accordingly. Startups are expected to meet with the Ignite team once weekly for a 2 hour virtual session and the rest of the week will be filled with action oriented readings, assignments, and tutorials all with the end goal in mind to help the startup brush up on its business strategy and/or to create a data room for investors.

Commenting on the launch, Dave Hodgson, CIO of NEM Group and MD of NEM Ventures, said: “With the launch of Symbol by NEM imminent, we are looking to expand our strong ecosystem with diverse projects that contribute to the growth of the blockchain space as a whole. NEM Ignite was developed to give early stage projects the tools and support they need to bring their vision and product to market. Backed by the NEM ecosystem and leadership team, incubatees will learn hard and soft skills from our mentors first-hand.”

Ignite plans to run 2 or 3 cohorts a year open to all geographical regions, and plans to have language support for English and Japanese.

For more information and to apply in English, visit the Ignite page or email NEM Ventures Associate Director Sharon Rubin [email protected]. The Japanese website is being built and will be live and ready for applications as soon as possible. The Ignite team will follow up with a NEM Forum update once it is live.

1年半のリサーチと計画を経て、NEM Venturesは100%バーチャル環境のインキュベーターである「Ignite」を立上げました。Igniteは、NIS1またはSymbolのいずれかを基盤とする、アーリーステージのブロックチェーンプロジェクトに合わせた、ビジネス指導と財政サポートを提供し、参加者には最大10,000ドルの賞を授与します。募集は2021年1月25日から2月22日までになります。最初のコホートプログラムは2021年3月22日から7月14日まで開始されます。

NEM Venturesのチームは、ビジネス戦略と資金調達についてよりよく理解するための1対1セッション、さまざまなハードトピック(財務予測と資金調達の基礎)およびソフトトピック(ピッチング、設計、事業開発、マーケティング)をカバーすると同時に、アドホックなテックとメンターサポートを提供するワークショップを含む3か月間のプログラムを緻密に設計しました。

参加者を1コホートプログラムごと2社に制限し、それに応じてカリキュラムを調整することにより、各企業に適合するサポートを提供することができるよう取り組みます。参加するスタートアップ企業は週に1回、2時間のバーチャルセッションでIgniteチームとミーティングをして頂きます。それ以外の時間では、ビジネス戦略に磨きを掛け、投資家のためにデータルームを作成するのに役立つ最終目標を考え、アクション重視のリーディング、課題、チュートリアルを実施します。

NEM GroupのCIOでありNEM VenturesのMDでもあるデイブ・ホジソン氏は、ローンチに関して*「NEMによるSymbolのローンチが差し迫っていることから、ブロックチェーンスペース全体の成長に貢献する多様なプロジェクトで強力なエコシステムを拡大することを目指しています。NEM Igniteは、初期段階のプロジェクトに、ビジョンとプロダクトを市場に投入するために必要なツールとサポートを提供するために立ち上げました。NEMエコシステムと経営チームに支えられて、インキュベーターはメンターからハードスキルとソフトスキルを直接学ぶことができる設計になっています」*とコメントしました。

Igniteは、世界全地域で開催され、1年に2回または3回のコホートを実行することを計画しており、英語と日本語の言語サポート提供が予定されています。

詳細および英語での申し込みについては、Ignite ページにアクセスするか、NEM Venturesのアソシエイトディレクター、シャロン・ルービン([email protected])までメールでお問い合わせください。現在日本語版のウェブサイトが構築されており、完了次第公開され、申し込みをして頂けます。ウェブサイトが完了しましたらIgniteチームよりNEMフォーラムにて発表させて頂きます。

7 Likes