Nem ventures update - community questions answered (ト-コミュニティ質問回答)

This is the second in a multi-part series of NEM Ventures updates, outlining recent news and how we are progressing. This will also act as a re-iteration of NEM Ventures’ purpose and vision, and we will answer specific answers to some community questions.

こちらは、NEM Venturesアップデートのパート2であり、最近ニュースと進捗状況をまとめています。NEM Venturesの目的とビジョンのロードマップ調整しても機能し、コミュニティの質問に対する具体的な回答を提供します。

What NEM Ventures is:

NEM Ventures is the venture capital and investments arm of the NEM blockchain ecosystem. Specialising in high tech investments, NEM Ventures promotes the growth of the ecosystem through strategic investments in projects which align with the ethos of the NEM community. NEM Ventures was mandated by the community in a public vote to manage a pool of reserved funds to meet these aims.

NEM Ventures focuses on projects which demonstrate a truly differentiated product, the ability to generate positive net income in the medium term, and founders who showcase the desire to move the blockchain ecosystem forward. Founded in 2018, NEM Ventures is a relatively new member of the NEM ecosystem and comprises a small, highly motivated team of investment and technology professionals.

The above text accompanies all our press releases and succinctly describes what we do. We were also recently asked a pertinent question in Telegram, highlighting that the investment process of NEM Ventures could do with re-explanation; here is a summary of that answer.

NEM Venturesとは:

NEM Venturesは、NEMブロックチェーンエコシステムのベンチャーキャピタルおよび投資部門です。NEM Venturesはハイテク部門への投資に特化しており、NEMコミュニティの精神に沿ったプロジェクトへの戦略的投資を通じてエコシステムの成長を促進しています。NEM Venturesは、このような目的を達成するために留保された資金プールを管理するために、コミュニティの一般投票により委任されました。

NEM Venturesは、完全に差別化されたプロジェクト、中期的にプラスの純利益を生み出す能力、およびブロックチェーンエコシステムを前進させたいという意欲を持つ経営者にフォーカスしています。2018年に設立されたNEM Venturesは、NEMエコシステムにおいては比較的新規のメンバーであり、投資とテクノロジーの専門家からなる、挑戦的な小規模なチームで構成されています。

上記のテキストはすべてのプレスリリースと共に発表され、当社の業務内容を簡潔に説明しています。私たちは最近、Nele Venturesの投資プロセスが再説明でできることを強調して、Telegramで関連する質問もされました。また、最近、Nele Venturesの投資プロセスを再度説明して欲しいという質問をTelegramにて頂きましたので、ここでお答えしたいと思います。

Investment Process and what we look for:

We have a publicly available process on our website describing how we invest and what we look for and it has been consistent since the proposal was approved just over 12 months ago. Dave H has appeared on a few podcasts explaining this over that time as well.

The process is broadly as follows:

  1. An investment application is made through the NEM Ventures online forms.

  2. Initial due diligence occurs between NEM Ventures Ltd (NVL) and the company; this involves a few rounds of questions and a video (pitch) call generally, it is tailored to the material and proposal submitted.

  3. If a proposal successfully passes step 2, an investment is proposed (negotiated, legally reviewed, investment instrument decided upon) to the Investment Committee who vote on whether the investment should go ahead. The investment committee includes all of the directors and a couple of advisors as per the public proposal.

  4. The paperwork is signed, settlement occurs (funds are transferred) and the company becomes part of our portfolio. Shortly after, a member of the team sets up regular meetings and reporting with the portfolio company to enable portfolio management to occur and be reported on, companies receive help early and are introduced to appropriate connections if needed.

  5. Reporting on the above occurs and is ratified in quarterly board meetings with the Ventures team and the Governance board in NEM Holding Ltd

当社が求めるものと投資プロセス:

当社のウェブサイトには、投資の方法と求めるものを解説する公開プロセスが存在しており、この提案が12か月前に承認されて以来一貫しています。Dave Hは、複数のポッドキャストにてこちらについて解説しています。

プロセスの概要は次のとおりです:

  1. NEM Venturesのオンラインフォームから投資申し込みが行われる。

  2. 最初のデューデリジェンスは、NEM Ventures Ltd(NVL)と企業間で行われます。これには、数回の質疑応答とビデオ会議が一般的に含まれており、提出された資料と提案に合わせて調整されます。

  3. 提案がステップ2を通過すると、投資を投資委員会に提案(交渉、法的に検討、決定された投資手段)し、投資を進めるかどうかを投票します。投資委員会には、公開提案に従ってすべての取締役と数人のアドバイザーが含まれます。

  4. 書類にサインをし、決済(資金移動)が行われると、企業がポートフォリオの一部になります。その後すぐに、チームメンバーがポートフォリオ企業と定期的な会議と報告をセットアップし、ポートフォリオ管理を実施してレポートできるようにします。企業は早期にサポートを受け、必要に応じて適切なコネクションを紹介されます。

  5. 上記のレポートが行われ、NEM Holding LtdのVenturesチームおよびガバナンス委員会との四半期の取締役会で承認されます。

A traditional investment fund usually focuses almost solely on financial returns over a 5-7 year period – NVL has this, coupled with a slightly different approach due to its heritage and mandate.

While the formalisation of the NCF occurred to assist with sustainability, NVL’s prime reason for existing is to support projects that increase NEM adoption or impact the ecosystem in a positive way. Obviously, there are no certainties when selecting companies that will/could do these things. So, in terms of investment criteria and how we de-risk the investments, the following points are some key focus areas we look for in projects:

従来の投資ファンドは通常、5〜7年間の財務収益にフォーカスしています。NVLでは、従来のものと組み合わせたわずかに異なるアプローチを実践しています。

NCFの形式化は持続可能性をサポートするために行われましたが、NVLが存在する主な理由は、NEMの採用を増やす、およびエコシステムにプラスの影響を与えるプロジェクトをサポートすることです。もちろんこれを実現できる企業を選択する際に確実性は存在しません。そのため、投資基準と投資のリスクをどのように軽減するかという観点から、以下の点がプロジェクトで重視する重要な分野です。

Enhance NEM - a broad definition, but generally refers to projects that are already building on NEM, which are committed to NEM and introducing new services or enhancing existing services within the ecosystem. We de-risk by:

  • Only investing in companies who show, and contractually commit to alignment with the NEM community

  • Not investing in companies who give the ultimatum: invest in us and we will build on NEM, they must select the solution because it is right for the product, not because funds may be available

  • We look at the projects we have invested in previously and ensure there is enough space in the ecosystem and portfolio balance is sensible

  • Tech assessment prior to investing

NEM の強化 -幅広い定義ですが、通常はすでにNEMで構築されているプロジェクトを指し、NEMにコミットし、エコシステム内で新しいサービスを導入したり、既存のサービスを強化したりするプロジェクトの事を指します。当社がリスクを回避する方法:

  • NEMコミュニティと連携し、契約にコミットする企業にのみ投資する

  • 最後通告をする企業に投資しない:当社はNEMに基づいて構築します。ファンドが利用できるからではなく、製品に適しているという理由でNEMソリューションを選択する必要があります

  • 過去に投資したプロジェクトを見て、エコシステムに十分なスペースがあり、ポートフォリオのバランスが適切であることを確認します

  • 投資前の技術評価

Commercially Viable - the idea must have a realistic chance of achieving what is planned and becoming a going concern, preferably with an ability to scale. De-risk by:

  • Ensuring it fixes a real problem

  • Ensuring that problem requires Blockchain, and preferably NEM, to do so

  • Challenging the assumptions in the business model and go to market plans

  • Working with companies to establish a business model that works and can be delivered

商業的に実現可能である -提案には、計画を達成し、継続的な関心事になる為の現実的視点が必要になります。リスクの回避方法:

  • 実際の問題を確実に修正する

  • その問題を解決する為には、ブロックチェーン、できればNEMが必要である

  • ビジネスモデルの前提に挑戦し、市場計画に進む

  • 企業と協力して機能する、提供可能なビジネスモデルを確立する

Financial Return - We need to believe it has a chance of either a return via exit/sale, or profit distribution, to ensure appropriate returns are seen by the NEM community from the investment. De-risk by:

  • Investing in businesses at different stages of maturity to give a diverse portfolio (for example, we are currently invested in three new start ups, and three other companies in 2nd round funding, - of which two are already revenue generating but required growth capital). This strategy is key to de-risking the whole portfolio as early-stage start ups are more likely than not to fail statistically so the figures we invest are lower than that of a more mature business.

  • Taking observer or board status where we can ensure we are aware of performance

  • Getting monthly updates on performance from the majority of the portfolio companies

経済的利益 -当社は適切な収益が投資からNEMコミュニティに見えるようにするために、イグジット/売却による収益または利益分配のいずれかの機会があるかどうかを考慮する必要があります。リスクの回避方法:

  • さまざまな成熟段階のビジネスに投資して、多様なポートフォリオを提供する(例:現在、3つの新興企業、およびセカンドラウンドの資金調達で他の3つの企業に投資しています)初期段階のスタートアップは統計的に失敗する可能性が高いため、この戦略はポートフォリオ全体のリスクを軽減するために重要であり、投資数は成熟したビジネスよりも低くなります。

  • パフォーマンスを認識できるようにオブザーバーまたはボードステータスを取得する

  • ほとんどのポートフォリオ企業からパフォーマンスに関する毎月のアップデートを取得する

Team and Vision - Credible team, clear vision, plan on how to execute. Basically, we expect business plans and finance models, not just a few pages of a whitepaper. De-risked by:

  • Founders who show us in calls and discussions they are motivated, dedicated and passionate about what they are doing

  • Founders who have a clear focus on their business who are willing to listen and work with us

  • Founders who have previously started businesses, so have the battle scars and have made mistakes. This experience is invaluable

チームとビジョン- 信頼できるチーム、明確なビジョン、実行方法の計画。基本的に、当社は数ページのホワイトペーパーではなく、ビジネスプランと財務モデルを想定しています。リスクの回避方法:

  • 電話やディスカッションにて当社に事業に対する情熱、コミットメント、モチベーションを見せてくれる創業者

  • 事業に明確なフォーカスを持っており、当社と喜んで協力してくれる創業者

  • 以前に事業をした経験のある創業者であり、過去の失敗やミスから教訓を学んでいる、この経験は非常に貴重なものです

Of course, some of the above is subjective, as is the case with most investment companies. Projects building on NEM aren’t all commercially viable, for instance. With the PR and thought leadership that goes out we are pushing more projects to consider building on NEM, once they show a commitment and some work which we make a judgement call on, they can be considered for investment.

It’s also worth noting that we do not take huge positions in the early-stage start ups, we provide only the amount of investment they need according to their plans to take them to a revenue-generating position, or to a position where we can help them get to a further fund raise. With this in mind, we don’t want to take an outsized percentage of equity as this makes future raises problematic AND is unfair to the founders, we try very hard to make sure all parties are considered in this process.

We won’t get every decision right. Projects that do not attain NV funding are encouraged to continue working with NEM and there will be some that go on to be successful. Likewise, some of the investments we make may not deliver on the plans they set out. This is the nature of investment in general.

We are often asked for specific details and commercial information on the investments we make. We share what we can but, for the reasons explained in a recent forum post, this is not always possible. Reporting details are listed in the next section of the update.

もちろん、ほとんどの投資ファンドのように、上記のいくつかは主観的です。例えば、NEMを基に構築されたプロジェクトは、すべて商業的に実行可能というわけではありません。出されるPRと思考リーダーシップにより、当社はより多くのプロジェクトをNEM上で構築することを検討するように押し進めています。

また、初期段階のスタートアップが大きな位置を占めていないことも注目すべき点であり、収益を生むポジション、またはさらなる資金調達をサポートできるポジションに引き上げる計画に応じて、必要な投資額のみを提供します。将来の資金調達の問題となり、創業者にとって不公平であるため、過度な割合の株式を取得するつもりはありません。当社ではすべてのステークホルダーがこのプロセスで考慮されるように努めます。

当社が下す決断のすべてが正しいとは限りません。NVからの資金調達に失敗したプロジェクトも、NEMとの連携を継続されることを推奨しています。その中で成功するプロジェクトもあります。同様に、私たちが行う投資の一部は、設定した計画を達成できない場合があります。これが一般的な投資の性質です。

当社では頻繁に当社が行う投資に関する具体的な詳細と商業情報を求められます。当社では可能な限りを共有していますが、最近のフォーラム投稿で解説されている理由により、これが常に可能であるとは限りません。レポートの詳細は、アップデートの次のセクションにリストされています。

Reporting and Measuring:

We have committed to reporting back to the community at a frequency of every quarter if possible, monthly at times. Excluding investment announcements, this represents our twelfth update to the community on the forum with additional updates sent on our social media channels (LinkedIn, Twitter). Updates have been less regular as we have moved into Business As Usual and the team has been involved with the migration committee, however we will endeavour to update more frequently again as we move into next year and Catapult launches.

Venture Capital firms are traditionally hard to measure in the short term and target a return over 5 to 7 years. NEM Ventures has other drivers than solely financial returns and we balance the portfolio of investments to de-risk the grouped investments. This means that it invests in some concepts/start ups that need advice and seed funding to push on with their business idea, some that are in second round funding, and others that are established players. These investments can be made using a few investment instruments depending on the circumstance. Wherever we can we share information about the investments we make, allowing for commercial sensitivities such as value invested and equity position taken, which, if shared, could be detrimental to the company receiving investment during future fund raises.

NEM Ventures’ financial year end is the last day of December as the entity itself was established in December 2018. Details of when and how decisions were made at that time regarding set-up are shown in this post:

As stated in the original proposal, we will be providing an end of year update to the community and this will include a high-level view of the financial position and investment position. A request was put out to the community at the start of October for anything the community wanted particular focus on in the update – we will share everything we can so jump on here and send some suggestions.

報告および測定:

当社は、可能な場合は毎月、四半期ごとの頻度でコミュニティに報告することをお約束します。投資の発表を除いて、これはフォーラムコミュニティへの12回目の更新であり、ソーシャルメディアチャネル(LinkedIn、Twitter)で追加の更新が送信されます。Business As Usualに移行し、チームが移行委員会に関与したため、更新は定期的ではありませんでしたが、来年Catapultを立ち上げる事でより頻繁に更新するよう努めます。

ベンチャーキャピタル企業は従来、短期的に測定することは難しく、5〜7年にわたるリターンを目標としています。NEM Venturesには、金銭的な利益だけでなく他の要因もあり、投資ポートフォリオのバランスを取り、グループ化された投資のリスクを排除します。これは、ビジネスアイデアを推進するためにアドバイスやシード資金を必要とするコンセプト、新興企業、セカンドラウンドの資金調達にあるもの、確立されたプレーヤーに投資することを意味します。このような投資は、状況に応じていくつかの投資手段を使用して行うことができます。当社では投資された価値や取得された株式ポジションなどの商業的感度や共有された場合、将来の資金調達中に投資を受ける企業にとってデメリットがないかなどを考慮した上で、できる限り投資に関する情報を共有します。

NEM Venturesの決算期は、エンティティ自体が2018年12月に設立されたため、12月末となっています。立ち上げ時点での決定の方法と方法の詳細は、こちら投稿で紹介されています:

初期の提案で述べたように、当社はコミュニティに年末アップデートを提供する予定をしており、これには財政状態と投資状態の高レベルの見解が含まれます。10月の初めに、コミュニティがアップデートで特にフォーカスして欲しい情報について、リクエストを出しました。その結果を基にできる限りすべてを共有します、こちらからぜひ提案を送信してください。

10 Likes