カタパルトの進捗の確認方法と日本法人の進捗について


#1

2点、分からない点があり、質問させてください。

・カタパルトのNEMへの実装はいつでしょうか?また今の進捗を確認する方法はありますでしょうか?
ドキュメントを更新しているようですが(※1)、テレグラムを見ていても「Tomorrow」「Tomorrow」といった感じで実際はコードは書き終えて開発環境でテストしているような状況なのか、それも終わってテスト工程でエビデンスを取っている状況なのか、どういう進捗状況か分からず、質問させて頂きました。
※1:https://github.com/nemtech/nem2-docs

・NEM財団日本法人の進捗はどうなっておりますでしょうか?
「対話不足についても真摯に受け止め、可能な限りのコミュニケーションに努めるようします。」と09/10に古賀さんがおっしゃってからフォーラムでもでもテレグラムで発言がないように見えます。


#2

カタパルトの方は2019年第一四半期を目標という情報が最新ですかね。あくまでも目標ですし、これまで慎重姿勢だった経緯からすると、さらに長引くのではないかなと思っています。


#3

カタパルトのNEMへの適用はまだ時間がかかるだろうと思っています。
ロードマップがきちんと出ていないので推測になってしまいますが、今後は以下の様に進むと考えられます。

  • mijin v2製品版(プライベートチェーン)のリリース
  • テストネットへの適用・検証
  • メインネットへの適用

カタパルトのAPIですが触ってみた感じ、現行のNEMと別物と考えて差し支えないくらいドラスティックに変わっており、現行NEMを使っているサービスをカタパルトでも動くようにする対応も考えると、それ相応の時間が必要となると思われます。

実際、パブリックのNEMへの適用の時期は、まずはテストネットに適用してみないことには具体的な議論も難しいのではないかと思っています。


#4

trestoさん、ご返信ありがとうございます。

私も「2019年第一四半期を目標とする」というのは確認できたのですが、
"Aという機能のテストに3日間、Bという機能のテストに4日間かかる。Cという機能のテストに…(略)そのため、計186日間程度のテスト期間が必要で2019年第一四半期になる"という積み上げた結果の目標なのか、漠然とした目標なのかが分からず、実際の進捗を確認したい、と思い、今回の質問をさせていただきました。


#5

DaokaTradeさん、ご返信ありがとうございます。

具体的な進捗が分からないにしろ、箇条書きにして頂けると大変理解がしやすいです。
ありがとうございます。
おっしゃって頂いた内容を自分なりに理解した上で私、個人の意見も含ませて頂きますと
1.と2.の間に"1.5. mijin v2製品版の導入・修正(実働になれば必ずバグが発生すると思いますので)"が入り、そこでも一定の工数を必要とするのかな、という心象です。

  1. mijin v2製品版(プライベートチェーン)のリリース
  2. テストネットへの適用・検証
  3. メインネットへの適用

またテックビューロがZaifの一件で一定のリソースを費やす必要があるので1. が遅延し、1.5. がテックビューロの企業としての信頼性が低下した事で遅延する可能性がある、と個人的には考えられ、「NEMへの実装はまだまだ先なんだろうな」と私見を持ちました。


#6

ありがとうございます。

仰るとおり、テストネットへの適用の準備と平行なのか、そうでないのかは別として
"1.5. mijin v2製品版の導入・修正(実働になれば必ずバグが発生すると思いますので)"はありますね。

テックビューロに関しては、建て付け上、取引所運営はテックビューロ株式会社、mijinの開発・販売はテックビューロホールディングス株式会社と別法人になっていますが、経営層が同じなので何らかの影響はありえそうですね。。。

取引所の件の有無にかかわらず、それ相応の時間がかかると認識はしていますが、個人的にはそろそろ次の進捗がみたい気はしています。


#7

DaokaTradeさん、ご返信ありがとうございます。

そうですね。そろそろ次の進捗が知りたいですね。

明日から行われる予定の「FIN/SUM x REG/SUM 2018 Regulatory Sandbox Ideathon」にて
話を伺えるのかもしれませんが、私は行く予定がなく…
ツイッターでどなかかが報告してくださる事に淡い期待を抱いて待ちます。